登山サークル アウトドアチャイルド

登山サークル アウトドアチャイルド

越上山に登ってきました
投稿日
2020/02/22
今日は秩父の越上山に登ってきました。
今日は7時15分ごろに起きて、しばらく読書をして、それから8時ごろに家を出ました。
コンビニでお茶、おにぎりを買いました。
おにぎりは、梅二個、いくら二個、シャケ二個で、合計六個買いました。
最寄り駅に行って、プラットフォームで温かい缶コーヒーを買いました。
普段は健康のためにコーヒーは飲まないようにしているのですが、登山の日は特別です。
久しぶりのコーヒーをじっくり味わって飲みました。
電車は拝島、東飯能と乗りかえて、吾野駅まで行きました。
そこから登山スタートです。
ふと看板を見ると、黒山三滝という文字が目に入りました。
地図でも確認してみると、滝が三つある場所があるようです。
その黒山三滝のことがとても気になって、今日は越上山をやめて黒山三滝のほうを見に行こうかとしばらく迷ったのですが、とりあえず今回は予定通り越上山に登ることにしました。
黒山三滝はまた別の機会に見に行こうと思います。

今回は久しぶりの登山になりました。
知らない道を歩くのは、それだけでとても面白いと感じました。
吾野宿とかいう宿も見かけました。
ドアを見ると『自由にお入りください』と書かれています。
とても気になる宿でした。
こういう場所で宿泊するのも趣があって楽しそうです。

今回の越上山までの道のりで、お寺や神社、お地蔵さんなど、参拝できる場所をたくさん見かけました。
私は常々、秩父というところは神が多い場所であると感じています。
お寺や神社がとても多いと感じます。
そのせいか、そこに住んでいる人たちもとても親切で、穏やかな性格なようにも思います。
秩父は本当にのどかで、ウェルカムな雰囲気です。
とても独特で楽しい場所です。

今回は久しぶりの登山で、おいしい空気をたっぷり吸って、とても良い気分になりました。
デトックス効果満点です。
体の中の毒がすべて抜けて、心も体もクリーンになった気分です。
とても自分が清潔になったように感じます。

越上山の標高は566メートルです。
山頂は木に囲まれて、見晴らしがありません。
しかしとても独特な場所です。
とても味があって渋い場所であると感じました。

山頂に到着した後は下山です。
下山は下るばかりでなく、ときどき登りもあって、なかなか長い道のりでした。
あと、とても道を間違えやすいコースであると感じました。
一度や二度、引き返すこともありましたし、立ち止まって迷うこともありました。
しかし一人なので、気の済むまで迷えます。
そして地図、コンパス、地図アプリなどを見ながらじっくりと考え、正しい道を見つけることができます。
これがもし複数人数で来ていたら、じっくり迷う暇もなくどんどん先に進んでしまい、道を間違えて引き返すようなこともあったかもしれません。

今回はかなりゆっくりペースで歩きました。
登山はやはりハイペースで歩くととてもきついものですが、ゆっくりペースで自然を楽しみながら歩くと、とても楽しいと感じました。
山の中の風景も幻想的であったりなど、とても良い風景もたくさん目にしました。

そんなこんなで歩き続け、今回のゴールの東吾野駅には14時20分ごろに到着しました。
電車が来るのは14時43分です。
その間に、残った4個のおにぎりを食べました。
そのおにぎりがまた、べらぼうに旨い。
本当に登山の後の食事は非常に旨いものです。
単なるおにぎりがべらぼうにうまく感じます。
ただのシャケおにぎりと、梅おにぎりです。
それがもう、一流レストランの料理よりもおいしく感じられるわけですから、これぞまさに『登山は最高のスパイス』であると言えるのかもしれません。
登山の後に飲むビールも大きな楽しみの一つですが、東吾野駅周辺には店が何もなかったので、ビールを買うことはできませんでした。
そして今回は乗り継ぎがとても短くて、東飯能、拝島と、乗りかえの電車の発車は10分以内だったので、そのまま最寄り駅まで帰ってきました。
そしてスーパーに立ち寄って、買い物をしてきました。

今回は登山中にミカンとリンゴと大福が、非常に食べたいと思いました。
登山中にミカンの木を見かけて、それで特にミカンが食べたくなりました。
それでスーパーではミカンを買おうと思ったのですが、そのかわりのポンカンを買いました。
登山の途中で見たミカンの木は、ミカンというよりもポンカンみたいだったので、それに合わせてスーパーではミカンではなくポンカンを買ったのです。
あとはお菓子とかアメとかを買いました。
登山の後に肉を食べるのも大きな楽しみの一つですが、今回は肉は食べなくてもいいかなと思いました。
今回は肉よりも、ミカンの気分です。

本来は西武秩父駅のフードコートに立ち寄って、そこのホルモン屋で生ホルモンを焼いて食べながら、武甲正宗や秩父錦をお冷でぐいぐい飲むのが最高です。
そのあとに、祭の湯で温泉に入って帰るのが王道です。
しかし今回はそこまでハメを外すことはせず、節約しました。
お金に余裕があれば、登山、肉、酒、温泉と、フルコースを満喫したいところですが、今回は自重しました。

今回の登山はそんな感じでした。
なんとも登山をした後は、実にすっきりします。
デトックス効果満点で、精神的なストレスもすっきり取れます。
今回は花粉のせいなのか、大きなくしゃみを何度もしながらの登山になりましたが、それでも実に楽しい登山でした。
やはり心身の健康のためには登山は非常に良いものだということを、また改めて実感いたしました。