登山サークル アウトドアチャイルド

登山サークル アウトドアチャイルド

<<「第56回青梅マラソン」
 
青梅丘陵ハイキングコース(2024年6月2日)
投稿日
2024/06/02
 青梅丘陵ハイキングコース、2024年6月2日、日曜日、雨、傘をさして歩いた、久しぶりのハイキングである。道中、尾崎豊の「僕が僕であるために」を、口ずさみながら歩いた。

 心すれ違う哀しい生き様に
 ため息漏らしていた
 だけどこの目に映る
 この街で僕はずっと
 生きていかなければ
 人を傷つけることに目を伏せるけど
 優しさを口にすれば 
 人は皆傷ついてゆく
 僕が僕であるために
 勝ち続けなきゃならない
 正しいものがなんなのか
 それがこの胸に解るまで
 僕は街にのまれて
 少し心許しながら
 この冷たい街の風に
 歌い続けてる

 と、歌詞を書き出してみる。

 家に帰ってきて、キャベツ、新玉ねぎ、ローストンカツを食べた。
 現在冷蔵庫は使っていない。それで家にマヨネーズとケチャップがあるので、それを早く消費してしまいたく、だから今日はスーパーでトンカツを買ってきて、それにたっぷりマヨネーズとケチャップをかけて、食って、そしてマヨネーズは全部消費し尽くした。まだたっぷり残っているケチャップは、また何かで消費しよう。

 尾崎豊のウィキを見る。
 生誕、1965年11月29日。死没、1992年4月25日。まだ26歳の若さで永眠しており、我々の尾崎豊のイメージは、永遠に、二十代の繊細な若者である。今もまだ生きていたとしたら、彼は58歳になっていたところだった。

 この「僕が僕であるために」は、尾崎豊自身による、作詞作曲である。「I LOVE YOU」「15の夜」「卒業」「シェリー」「OH MY LITTLE GIRL」など、彼の生み出した名曲たちは、すべて彼自身による作詞作曲である。

 彼の死も、なかなかエキセントリックである。
 1992年4月25日の早朝、自宅のマンションから約500メートル離れた民家の軒先で、全裸で、傷だらけで倒れていた。病院に運びこまれ、その時はまだ生きていた。尾崎はその後、妻と兄と共に自宅マンションに戻ったのである。しかしその後、10時頃になって、また容体が急変、呼吸が止まっており、家族が119通報。病院で手当を受けるも、午後0時6分に死亡した。死因は肺水腫。
 その肺水腫の原因は、どうやら、覚醒剤中毒であったらしい。極度の飲酒もあったようである。

 彼には長男がいて、尾崎裕哉、現在三十四歳、彼と同じくシンガーソングライターとして活動中らしい。
<<「第56回青梅マラソン」